【介護職を今すぐ辞めたい】実際に辞めた人の体験談をご紹介

こんにちは!
今回は介護職の仕事を実際に辞めた方にインタビューをしてきたので、その内容をご紹介したいと思います。

また、そのような自分に合わない仕事は、悩むよりも直ぐにでも辞めるべきだと思います。ただ辞める前に次の転職先だけは確保しておくことをお勧めします。

【必ず読んで】今の仕事が辛くでも、退職前に次の職場を見つけておいた方が良い3つの理由

速攻で今の仕事を辞めたく次の職場の確保が難しい場合でも、最低限転職サイトに登録しておくことは必須です。私が使った転職サイトはリクルートエージェントです。

あらゆる業界に精通したキャリアアドバイザーが、あなたも想像してこなかったような適職を紹介してくれますよ。

リクルートエージェント公式サイト

介護職を辞めた方の体験談まとめ

介護職を辞めたいと思ったきっかけ

 

人間関係に違和感を感じたからです。施設の利用者さんの家族の方が働いていてとても仕事がやりずらいなと感じることがありました。また、仕事を一生懸命やっていてももう少し頑張ってほしいと言われたりしていました。

その理由は、私は仕事が終わってたまに友達とご飯に出掛けたりして夜の時間を楽しんでいたことがありました。でも、次の日に支障きたすほど遊び歩いてたことはありません。でも、いつの日か夜に出歩いてあることが会社に伝わっていて、夜に遊びに出る力があれば仕事にもっと力をいてほしいと言われました。

確かに仕事に力をいれることは大切だけど、息抜きも大切です。プライベートまで文句を言われ続けることに嫌になってやめました。

 

介護職での上司の様子

私は介護職に入る前は全く違う勉強をしていたということもあり、介護の知識はまるでなにもない状態でした。なので、一から仕事しながら介護について勉強していくという感じでしたが、一つ一つ丁寧にこうしたらいいと教えてくれました。

でも、何かトラブルがあったときには上司は上司だけでこそこそ話をしていたりしていてとても気になりました。怒るなら怒るではっきりと言えばいいのに裏で言われているのがとても不快でした。

表ではにこにこ、裏ではぐちぐち言われているようでした。仕事はしっかりと教えてはくれるし、分からないことがあればすぐに対応をしてくれるようなひどいときとかだったけど、愚痴を頻繁に言っているような上司のイメージです。

 

介護職を辞めようと思っても、中々辞められなかった理由

やはり人間関係とはいえ、どこの会社で働こうと思って仕事しても人間関係はついて回るので初めは仕事をやめてやろうと思っていたけど、仕事を辞めるのを辞めようと思いました。

また、利用者さんが私にも慣れてきてくれてさらによく一緒に何かしましょうと誘ってきてくれたりしていて、上司たちは嫌だなと思っていたところはありましたが、仕事を辞めてしまうと利用者さんとは会えなくなってしまうなと思うと寂しい気持ちでいっぱいだったのでなかなか辞められないなと思っていました。

深く色々考えたせいでなかなか辞めたいという一言が言えなくて我慢して仕事をしていくようになりました。辞めようと思ったときにはキッパリと言うべきだなと思います。

 

介護職の仕事を辞めた後の、周囲の人の反応

まだ当時大学卒業して一年目の年でもありましたので、家族は人間関係はどこでもトラブルはあるし、どこ行っても一緒だから辞めても同じと言われていたことや、次の仕事を辞めたら実家に戻ってきなさいと言われていました。

また、友達にも話をしていたのですが、友達は辞めれて良かったね。自分の人生だし、やりたい仕事をしたほうがいいよ、嫌な思いしてずっと仕事するのも辛いだろうから辞めて正解だよと言ってくれました。

家族も友達もそれぞれ正解の回答だなと思いました。恋人は次の仕事はいい会社に出会えてさらに、仕事が楽しいなと思えるような会社に出会えることを祈ってるよ。何かあれば何でも相談してねと心強いことを言ってくれました。

 

介護職を辞めた後の転職先

仕事をやめたあとは介護業界は辞めようと思って、不動産の仕事に転職しました。どうして不動産の仕事に就こうかと思ったかというと、昔不動産屋さんでアルバイトをしたことがありました。

その時にお客さんにあった物件を紹介したりお世話したりする経験をして素敵な仕事だなと思いました。また、お客さんに物件を紹介して納得いくところが見つかったときに、いいところが見つかって良かったです。親切にしてくれてありがとう。と言ってくれた人がいました。

それを聞いたときに不動産の仕事はやりがいがありそうな仕事だなと思いました。その体験がきっかけで不動産の仕事に就いてみようかなと思うようになりました。また、新しい分野で楽しそうだなと思いました。

 

介護職を辞めて良かったこと、悪かったこと

良かったこと

① プライベートの干渉がなくなって、息抜きを気兼ねなく出来るようになったこと

②人間関係で悩むことがほとんどなく、さらに人付き合いの幅が広がって知り合いが増えたこと

③ 仕事にやりがいがでてきた、今日も頑張ってやろうとモチベーションがあがったこと

悪かったこと

①休みが以前よりも少なくなってしまったこと

②仕事の服にかかる費用が増えてしまったことです。以前はジャージでしたが、今回はきれい目の服がたくさんいるようになった

③休みが以前は土日祝日だったのが、転職して平日休みになったりして友達などとの休みがなかなかあわなくなってしまって、休みの日はほとんど一人でいることが多くなってしまったこと

 

最後に、介護職を辞めたいと思っている方にメッセージをお願いします

仕事を辞めることは人生の大きな決断じゃないでしょうか。辞めたいけど、辞めたいと言ったら会社には何て言われるのだろうか、辞めると決まったあとには社員の人たちはどのような反応をするのだろう、仕事辞めたところで次の仕事が決まるのか、ちゃんとやっていけるのかなど不安なことはたくさんあるかもしれません。

でも、一歩踏み出すことで大きく人生を変えることが出来ます。不安もありますが、楽しみもそれだけ付いてきます。自分の将来不安がるだけでは面白くないので、時には思いっきり動き出すこともいいのではないでしょうか。

人生は一度なので、楽しい人生を送れていた方が特だし、悩みも減っていくので一歩踏み出してみるといいかもしれません

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。

介護職の仕事は、夜勤も多く仕事へのコミットがかなり求められるので、とても大変な職業です。介護職よりもホワイトで給料の高い仕事は世の中にはいくらでもあるので、思い切って介護職の仕事を辞めてみることをおすすめします。

次の職場はリクルートエージェントを使って探して見ましょう。

いくら職場がブラックだとしても、次の職場が見つかる前に今の仕事を辞めてしまうことは、ご自身が今後の転職活動上不利になるだけなので、絶対に止めて下さい。

【必ず読んで】今の仕事が辛くでも、退職前に次の職場を見つけておいた方が良い3つの理由

リクルートエージェントでホワイトな職場を見つけ、幸せな生活を取り戻して下さいね。

リクルートエージェント公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ