【保育士を即日退職したい】実際に辞めた人の体験談をご紹介

こんにちは!
今回は保育士の仕事を実際に辞めた方にインタビューをしてきたので、その内容をご紹介したいと思います。

また、そのような自分に合わない仕事は、悩むよりも直ぐにでも辞めるべきだと思います。ただ辞める前に次の転職先だけは確保しておくことをお勧めします。

【必ず読んで】今の仕事が辛くでも、退職前に次の職場を見つけておいた方が良い3つの理由

速攻で今の仕事を辞めたく次の職場の確保が難しい場合でも、最低限転職サイトに登録しておくことは必須です。私が使った転職サイトはリクルートエージェントです。

あらゆる業界に精通したキャリアアドバイザーが、あなたも想像してこなかったような適職を紹介してくれますよ。

リクルートエージェント公式サイト

保育士を辞めた方の体験談まとめ

保育士を辞めたいと思ったきっかけ

前職は辞めたいと言わない限り毎年勝手に更新される職場でした。保育士は給料が安いのはどこもでしたがとくに私が働いていた地域はとても給料が安く、また給料が安い割に仕事量が多すぎるのがずっと不満でした。残業をしないと仕事が終わらない。しかしその残業代はつかない。

そして家に帰ってもなお持ち帰りの仕事があり毎日寝不足で疲れが溜まっていました。そして、ただ子どもが好きと言うだけではこの仕事は続けることはできないと言うことに年数が経つごとに気付き始めました。

また保育士としてやり切ったと自分自身が思えたので辞めようと決心しました。毎年毎年辞めたいと思っていましたがずるずる更新されること8年。ようやく退職をすることができました。

 

保育士での上司の様子

すごく大きい職場だった為、上司は沢山いました。その中にはとても気の合う先輩や優しい先輩が数名いました。しかしそれとは逆に全く合わない先輩もちらほら。後輩に全て仕事を任せたり、自分がしたくない仕事を擦りつけたり本当に嫌いな先輩でした。

気の合う先輩はいつでも相談に乗ってくれる、いつも困ったり立ち止まったりした時に助けてくれる先輩でした。また人としても尊敬していた先輩です。なのでその先輩とは退職した今でもプライベートで会う機会があったり今でもとてもいい付き合い方をしています。

大きい職場だったからこそいろいろな上司に出会えて、気の合わない人とは関わらない、気の合う人についていくという事ができた職場でした。

 

保育士を辞めようと思っても、中々辞められなかった理由

先程も書きましたが、前職は毎年辞めたいという意思表示をしない限り毎年更新されるシステムの職場でした。辞めたい辞めたいと思いつつも上司に意思表示をすることがなかなかできず毎年勝手に更新されていました。

その後も今年こそは今年こそはと思いながらも上司に辞めたいという勇気がでずに8年が経ちました。また辞めたいとは思っていましたが職場の人間関係だけはいい方なので、私が辞めたらこの人困るよねなど迷惑を掛けたくない、というのもありました。

辞めたいと仲のいい職場の人に相談をしても引き止められていたので辞めることが出来なかったというのももう一つの理由です。全てはとにかく私に勇気がなく、すぐ人に流されてしまうというのがなかなか辞めることが出来なかった理由です。

 

保育士の仕事を辞めた後の、周囲の人の反応

家族は保育士という職業に就いたことを凄く応援してくれていましたし、長く同じ職場で働くことが大事という考えだったので残念がっていました。友達は私が保育士を辞めることはないぐらい保育士という仕事が好きだと思っていたようで驚かれました。

本当に仲がいい友人は一緒になってとても喜んでくれました。また主人はこれからは自分がしたい事を優先するように背中を押してくれました。辞めることに対して何も反対せず、逆に自分がやりたいこと新しい事への挑戦をすることにとても賛成してくれました。

なので主人と仲の良い友達の反応だけはとてもいい反応でした。あとの人はそんなに長く働いていたのにもったいないという反応の人が多かったです。

 

保育士を辞めた後の転職先

辞めた後まだ転職はしていないのですが、昔からずっと興味がありしたかったネイリストになりたく、ネイルスクールに通いだしました。その仕事を選んだ理由は、昔から手先が器用でネイルをする事がとても好きでしたし、知り合いにもネイルをしてあげていました。

1度仕事をしながらネイルの通信講座を習いましたがやはり本職が毎日忙しくなかなかネイルなんてする時間がなかったので途中で諦めたことがありました。

私は前職をしながらネイリストになりたいと思っていたにも関わらず辞めないまま結構いい歳になっていたので、ネイリストになるなら今勉強するしかないと強く思いました。もともと保育士かネイリストで将来の夢を迷っていたぐらいでしたので。

 

保育士を辞めて良かったこと、悪かったこと

良かったこと

①自分の本当にしたい事ができるようになった。 今からでもしたい夢を叶えることができるということ

②プライベートで縛られることなく楽しむことができた。 いつも家に帰っても仕事をしたり仕事の事を考えたりしていたのでそれがなくなるとプライベートがより楽しくなった。

③寝不足ではなくなった。 家に帰っても持ち帰りの仕事があったので なかなかゆっくりすることができなかったがとてもゆっくりすることが出来るようになった。

 

悪かったこと

①収入がなくなった 失業手当や退職金もすぐには貰えないので貯金を切り崩しながらの生活だったので。

②大好きだった子ども達とのお別れ。

③思っていたよりニートが暇だった。 辞めてすぐ働かなかったので意外と暇を持て余した。

 

最後に、保育士を即日退職したいと思っている方にメッセージをお願いします

現在保育士をされている皆様へ 私は保育士を辞める勇気がなくずるずる8年が経ちました。きっと辞めたいけど辞められないあなたは私と一緒で辞める勇気がないのだと思います。しかし私は勇気を出して辞めてよかったと心から思います!

少しの勇気を出して下さい。辞めてしまえば意外とあっさりだったな、どうしてずっと言えなかったんだろうと今になって思います。特に保育士以外にやりたい事がある方!絶対に辞めるなら早いうちがいいです!若く辞めるという事はそれだけ長い期間勉強ができるからです。

歳をとって辞めるより絶対に若いうちがいいですよ。少しの勇気でいいんです。一歩踏み出して自分の新しい人生を歩んでみて下さい。きっと楽しい未来が待っています。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。

保育士の仕事は、給料も安く仕事量もとてつもなく多いです。保育士よりもホワイトで給料の高い仕事は世の中にはいくらでもあるので、思い切って保育士の仕事を辞めてみることをおすすめします。

次の職場はリクルートエージェントを使って探して見ましょう。

いくら職場がブラックだとしても、次の職場が見つかる前に今の仕事を辞めてしまうことは、ご自身が今後の転職活動上不利になるだけなので、絶対に止めて下さい。

【必ず読んで】今の仕事が辛くでも、退職前に次の職場を見つけておいた方が良い3つの理由

リクルートエージェントでホワイトな職場を見つけ、幸せな生活を取り戻して下さいね。

リクルートエージェント公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ